映画『Good Will Hunting』

監督:Gus Van San
脚本:Matt Damon・Ben Affleck
公開:1997年

幼少期にトラウマを持つ、才能のある青年と心理学者の交流を縦軸に物語は進んでいく。

登場する人物たちみんな普通に人間している。それぞれの葛藤があり、喜びがある。それがオーバーな映画的表現なのか、ナチュラルな演技なのかは分からないけれど。

突出して何かがあるわけではない。この映画には一貫して特別なトーンがある。そのバランスは情緒的すぎず、かといって無機的でもない。監督がMV(ミュージックビデオ)を製作しているのも関係しているかもしれない。

時々見返したくなる作品で、これはその中の1つ。

タイトルも色々想像させる。

心理学者のロビン・ウィリアムズが好演。

Youtube

AmazonPrimeVideo

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち
マット・デイモンとベン・アフレックにとってキャリアの出発点となった、アカデミー賞を受賞したヒューマン・ドラマの秀作。労働者階級出身で、天才的な頭脳を持ちながらも苦悩の人生を送る青年が、傷ついた心に寄り添う精神分析医(ロビン・ウィリアムズ)に出会う。

その他

ご指定のページが見つかりませんでした|FOX ネットワークス
FOXネットワークスは、海外ドラマやバラエティーを放送するFOXをはじめとした幅広いジャンルのチャンネルを運営しています。
映画
スポンサーリンク
bricola

コメント

タイトルとURLをコピーしました