ゲーム『Detroit: Become Human』

監督・脚本:David Cage

監督・脚本をディレクターが務めた作家性の強い作品。

近未来、アンドロイドが日常の道具となった世界で、3体の主人公によって物語が紡がれる。

システム的には選択した行動により分岐する、オープンシナリオアドベンチャー。

技術力が凄まじい、おそらく現在でもグラフィックレベルは最高峰だと思われる。
シーンの分岐も自然で、分岐点の異なる未来も気になってしまう。
楽しんで作っていそうなカメラワークはほとんど映画である。
音楽は世界観にとても馴染んでいる。
どれくらい膨大なプロットを作ったのか想像がつかない。

ある意味、作家の夢を現実化したような作品。

日本だとノベルゲームになるだろう。(それぞれの良さはあるにせよ)
海外との開発力の差が顕著で、いろいろな意味でため息が出る。

映画と同様に、この国が中間搾取を続ける限り、この差は埋まらないだろう。
そして、埋めるつもりもなさそう。

残念だけど現実世界は、また別の種類のディストピアになり続けている。
どこで選択を間違えたのやら。

最初のプレイは、とても苦い結末だったけど、ハッピーエンドはあるのだろうか?(あると信じたい)

お値段も手頃です。

『Detroit: Become Human』 ジャパン・ローンチトレーラー

こちらもプレイしてみようかな。

『HEAVY RAIN -心の軋むとき- & BEYOND: Two Souls Collection』 PV
Game
スポンサーリンク
bricola

コメント

タイトルとURLをコピーしました