小説『幼年期の終り』

著者 Sir Arthur Charles Clarke
翻訳 福島 正実

何となく気になっていたSFの名作『幼年期の終り』についに手を出してしまった。アメリカでは1952年に刊行され、
日本では早川書房から1964年に出版されているらしい。新訳版もあるが、以前に読んだ『夏への扉』と同じく福島訳版を選択。

翻訳は時代に合わせて更新されるべきだと思うのだけど、非常に読みやすく訳者の力量も凄まじい。

内容的には名作なので語るべきところはないのだけど(読んだほうが早い)、物語におけるエンターテインメントがたくさん詰まっている。

また、タイトルが秀逸。未読の方は是非。

幼年期の終り | アーサー C クラーク, 福島 正実, 正実, 福島 | 英米の小説・文芸 | Kindleストア | Amazon
Amazonでアーサー C クラーク, 福島 正実, 正実, 福島の幼年期の終り。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
書籍
スポンサーリンク
bricola

コメント

タイトルとURLをコピーしました