小説『ムーン・パレス』

著者 Paul Auster
翻訳 柴田 元幸

海外小説。運命の流れを感じるような不思議な作品。
ライトモティーフ、アフォリズムに満ちている。先が気になり、どんどん作品世界に引き込まれる。

叔父からの遺品である書籍の山を細々と売り払うシーン。
風変わりな盲目の老爺との散歩。
印象に残る場面はたくさんある。

どことなく寂しく、どことなく暖かい。
様々な発見がある。

翻訳者の技量も素晴らしい。

未読なら是非。

ムーン・パレス (新潮文庫)
ムーン・パレス (新潮文庫)
書籍
スポンサーリンク
bricola

コメント

タイトルとURLをコピーしました