UnrealEngine5でNiagaraを使用してみた01 -雨-

UnrealEngine5でNiagaraを使用してみた01-雨- (備忘録)

環境

Mac mini (M1, 2020)
macOS 12.5.1
UE5 5.0.3

参考

動画を参考に実際にできるかやってみる。

YouTube
Share your videos with friends, family, and the world
YouTube
Share your videos with friends, family, and the world
UE5でNaiagaraを設定

■Niagaraシステムを選択。

■選択したエミッタ…を選択。

■Fountain → 「+」 → 終了。

■Niagaraシステムを開いてみるとパーティクルが表示される。

■Add Velocity InCone のチェックを外すとパーティクルが下向きになる。

■Shape location を Sphere → Boxへ変更。

■ Box size を x:4000 y:4000 z:1000に設定。パーティクルの放出範囲?

■ パーティクルのスポーン から Add Velocity を追加する。

■ Add Velocity x:0 y:300 z:-500 に設定。 斜め横にパーティクルが放出されるようになる。

■Spawn Rate   パーティクルの放出量を1500に設定。

■Initialize Particleでパーティクルの形状を変更する。Sprite Size Mode を Non-Uniformに設定。size をx:1 y:50に設定する。雨の形状を変更する。

■Splite Rendererで雨の方向を設定する。Aligment を Velocity Alignedに設定する。

YouTube

所感

AfterEffectsのTrapcode / Particularみたいな感覚に近いです。まだまだ手探りですがTrapcode / Particularはサブスク化したのでUE5に乗り換えるのも良いかもしれません。

コメント